スタッフブログ「What's ASIA」

WeChatとタクシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wechat_logoWeChat(中国名:微信)

光熱水費、携帯電話料金、固定電話、インターネット料金の支払い。

まさかの交通違反のお金ですら、これで出来てしまいます。

その他ももろもろの機能に関しては、また次回に。

 

今回はタクシー手配→支払までの機能に関して。

アプリ起動を行い、周辺地図とタクシーのGPSの位置がリンク。

その上でWeChatにて連絡を取り合い、配車・予約ができる仕組み。

wechat_taxi

タクシーには常時2台の携帯電話が置いてあり、1つは連絡用、1つはナビ+顧客とのやり取りとなっている。

 

乗車中もタクシー運転手の携帯には問い合わせがきており、その場で予約・位置情報の共有ができ、翌日に客を迎えに行く段取りをしていた。

よく道順を言わず、目的地だけを運転手に言ったのち、遠回りをされ、料金をぼったくられるという事があったが、携帯のGPS情報から追跡をかけ、正常なルートでタクシーが走っているかどうかの確認を取れそう。

進んでいるな、と思った筆者であった。

関連記事

  1. 中国ビジネスで成功するための必要条件 〜アリペイの活用とチャレン…
  2. WeChat Paymentを使った決済が日本でも活性化する!
  3. 中国版Twitter「Weibo」における有名人のフォロワー数 …
  4. 中国で今流行っているスマホアプリ「影客」
  5. 【中国映画事情】周星馳(チャウ・シンチー)監督作品
  6. 中国におけるWeChat、Weiboのユーザー比較 〜友人とのコ…
  7. アリババ.1688
  8. 中国国内におけるチャット文化

スタッフブログ最近の記事

PAGE TOP