スタッフブログ「What's ASIA」

中国国内におけるチャット文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国内での仕事のやり取りは何ですか?と聞いて、何を思い浮かべました??

LINE、Evernote、Chatwork、Slackだろ?

と想像された方、進んでます!

日本国内では、まだまだE-mailが多いでしょうか。

中国はもっぱらチャット文化=WeChat(中国語名:微信)

リアルタイムで双方向コミュニケーションを取るコトがトレンドです。

 

tmall_151111

独身の日(11月11日)に中国の電子商取引最大大手のアリババグループ(中国語名:阿里巴巴集団)

が発表していますが、その1日の売上なんと1兆7600億円(対前年54%増)

金額ばかりがニュースで出ていますが、

ショップ内を見てみると、サービス面がなかなか充実しています。

taobao_chat

各ECサイト内のショップにに標準搭載されているチャット機能にて、

「買う前」

「買った後」

に店舗と顧客がリアルタイムでコミュニケーションを図っているというのも成功のひとつかもですね!

関連記事

  1. 中国版Twitter「Weibo」における有名人のフォロワー数 …
  2. アリババ.1688
  3. 【メディア比較】大衆点評(dianping.com)vs 食べ…
  4. 中国で今流行っているスマホアプリ「影客」
  5. WeChatとタクシー
  6. 中国版Twitter「Weibo」における有名人のフォロワー数 …
  7. 「アリババ・パスポート(Aパス)」会員は年間465万円以上を使う…
  8. 中国ビジネスで成功するための必要条件 〜アリペイの活用とチャレン…

スタッフブログ最近の記事

PAGE TOP