スタッフブログ「What's ASIA」

中国・上海に進出する外資系企業の業種が変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アメリカン・ドリーム」

という言葉が一時流行しましたが、

今は「チャイニーズ・ドリーム」という言葉が出てきていますね。

中国の改革開放路線に転換し、90年代には日系企業の中国進出が急激に加速しました。

2001年の北京オリンピック開催決定がされたタイミングがピークだったのではないでしょうか。

当時は「中国で作ったものを日本に輸入して販売する」というのが主流でした。

つまり、中国は「世界の工場」であったわけです。

china_market

今はどうでしょうか?

反日デモ、TPP、円安、東京五輪開催。

これらの影響を受け、当時約70%もの比率だった製造業が撤退。

現在はその比率約15%まで下がっています。

逆に30%しか占めていなかったサービス・技術系の企業(IT含む)が台頭。

中国のサブカルチャー文化のレベルはまだまだ低く、

日本の技術やノウハウを欲している中国企業は多数あります。

もちろん、チャイナリスクは考えられます。

しかし、「世界の工場」は「世界のマーケット」へ間違いなく移り変わっていっていますね。

関連記事

  1. 中国ビジネスで成功するための必要条件 〜アリペイの活用とチャレン…
  2. WeChatとタクシー
  3. 中国版Twitter「Weibo」における有名人のフォロワー数 …
  4. 中国で今流行っているスマホアプリ「影客」
  5. 中国国内におけるチャット文化
  6. アリババ.1688
  7. 「アリババ・パスポート(Aパス)」会員は年間465万円以上を使う…
  8. 【中国映画事情】周星馳(チャウ・シンチー)監督作品

スタッフブログ最近の記事

PAGE TOP