スタッフブログ「What's ASIA」

中国人は越境ECサイトをどうやって見つける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週に続き、「China Internet Watch」からの情報をご紹介します。
今回ご紹介するのは、この数年耳にすることが多くなった「越境EC」に関する記事です。
(China Internet Watch – “Chinese cross-border online shopping insights 2016”

まず、我々でもそうですが、日常生活をしている中で、なかなか海外の情報を入手したり、海外の商品に関するサイトを知ったりする機会は非常に少ないと思います。
そのような状況下で、彼ら(中国人)は、どうやって越境ECサイトを見つけるのでしょうか?

chinese-cross-border-online-1

  1. Shopping guide website (59.8%)
  2. Family & friends (51.2%)
  3. Search (47.3%)
  4. Social media (39.8%)
  5. Online Advertising (36.1%)
  6. Media reports (27.3%)

意外なことにソーシャルメディア経由で越境ECサイトを知ったのは約4割にとどまり、もっとも多いのが、ショッピングガイドサイトで約6割にのぼっています。
その他では、家族や友人からで約5割となっています。

そして、ショッピングガイドサイトで知った越境ECサイトにどのようにアクセスしているかを表したのが、以下のグラフです。

chinese-cross-border-online-2

  1. Shopping navigation sites (50.6%)
  2. Enter a website URL (49.3%)
  3. Browser bookmarks (46.3%)
  4. Search engines (39.0%)
  5. Social media links (30.6%)

こちらでも以外なのは、URLを入力してアクセスしているという人が約5割いるという点です。

さらに、Tmall Global(天猫国際)やJD Worldwide(京東)のような国内の越境ECサイトで購入するという人が80%近くにのぼっています。

chinese-cross-border-online-3

まだまだ情報の入手源や購入先の選択肢が少なく見える印象ですが、情報源となるショッピングガイドサイトをうまく活用していくことが、越境ECを成功させる秘訣になってくるのではないでしょうか。

関連記事

  1. アリババ.1688
  2. 中国越境EC最新レポート:貿易が落ち込む反面、越境ECは急拡大を…
  3. 中国政府による越境EC政策の変更は日本企業にどのような影響をもた…
  4. 中国ビジネスで成功するための必要条件 〜アリペイの活用とチャレン…
  5. 「アリババ・パスポート(Aパス)」会員は年間465万円以上を使う…
  6. 2015年度の中国への越境EC市場規模は7,956億円と他国を圧…

スタッフブログ最近の記事

PAGE TOP