スタッフブログ「What's ASIA」

観光事業活性化のための情報発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、興味深い記事を発見しましたので、ご紹介します。

訪日旅行客を取り込もうと考えた際は、

日本人に聞くというより、身近な外国人の友人に聞け ということですね。

 

彼らの考え、文化、目線を受け入れた上で、

集客をどう行っていくかを考えること、必須ですね。

※ここのところ、動画のテロップ翻訳(中国語翻訳)の話が続いていますが、

この流れを受けてでしょうか。汗

—————————————————————————————————–

大分)留学生が外国人誘客に一役 海外に情報発信

外国人の誘客をめざす観光関係者や自治体が、留学生を通じた海外への情報発信に力を入れている。

県内には留学生が多いことから、大分の魅力をそれぞれの母国にSNSで広めてもらったり、
海外へのPRの際に意見を求めたりする試みだ。

(中略)

県は昨年10月に定めたツーリズム戦略で、海外からの誘客を地域活性化の鍵と位置づけた。
そのうえで、「留学生を活用したWebによる情報発信」を掲げている。

■海外向けPR動画 声反映

県が14日から海外向けに公開中のPR動画は、留学生たちの声を参考に制作された。
動画は、英語圏向けの欧米、香港、韓国、台湾、中国、タイを対象とする6種類。
それぞれの国と地域のモデルを起用し、ニュース番組形式に。
とり天などのグルメ情報のほか、くじゅう連山や豊後大野市の原尻の滝などの観光スポットをPRしている。

取り上げる観光スポットを決める際に集めたのが、立命館アジア太平洋大学の留学生約120人に対するアンケート。
結果を分析し、海外で関心を呼びそうな場所を選んだ。

( 2016.3.21付 朝日新聞DIGITALより抜粋 )

関連記事

  1. 【誤訳ハンター】そんな中国語でいいの!?〜爆買いの裏側〜①
  2. 訪日客の「爆買い」から「コト消費」への変化
  3. インバウンドで爆買いが減退した理由
  4. 【誤訳ハンター】そんな中国語でいいの!?〜焼肉店看板編〜
  5. 【誤訳ハンター】そんな中国語でいいの!?〜爆買いの裏側〜②
  6. 大衆点評で中国人観光客をナビゲーション!
  7. 訪日観光客動向に関して
  8. WeChat決済への注目高まる! しかしインバウンドプロモーショ…

スタッフブログ最近の記事

PAGE TOP