スタッフブログ「What's ASIA」

【中国映画事情】周星馳(チャウ・シンチー)監督作品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

stephen_chow今回は意外と知られていない中国の映画事情を。

皆さんは周星馳(チャウ・シンチー、周星驰)さんをご存知ですか?

映画監督であり、脚本家であり、俳優、制作プロデューサーであり、俳優でもあるマルチな人。
「少林サッカー(原題:少林足球)」の監督兼主役の人と言えば、わかる人もいるかもしれませんね。

その彼がメガホンをとった最新映画「美人魚」(美人鱼、2016年2月ロードショー)が、
中国の映画興行収入を塗り替える大ヒットを記録。

the_mermaid_2016

その額なんと、約590億円(5億2,200万ドル)!(2016年3月時点)
(※日本での興行収入No.1は「千と千尋の神隠し」の304億円)

中国では超売れっ子の彼の映画に出資できるということは、中国では名誉であり、ステータスであるそうです。

 

ちなみに、中国では海外映画は年間66作品しか放映できないという縛りがあるそうな。。。

関連記事

  1. 中国国内におけるチャット文化
  2. 中国の旅行代理店が月500社ペースで日本進出?!
  3. 中国ビジネスで成功するための必要条件 〜アリペイの活用とチャレン…
  4. 中国・上海に進出する外資系企業の業種が変化
  5. 「アリババ・パスポート(Aパス)」会員は年間465万円以上を使う…
  6. 中国版Twitter「Weibo」における有名人のフォロワー数 …
  7. WeChatとタクシー
  8. 中国で今流行っているスマホアプリ「影客」

スタッフブログ最近の記事

PAGE TOP